Shonan Life
PR

女子におすすめ!茅ヶ崎の穴場 台湾料理ランチ【わたしの好物】

わたしの好物 看板
Mao
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

台湾料理といえば、何を思い浮かべますか?

台湾料理は中華料理がベースとなっていますが、 実は日本料理の影響も受けていて日本人の口にもよく合うといわれています。

そんな台湾料理が湘南・茅ヶ崎で味わえるお店「わたしの好物」をご紹介したいと思います。

・台湾料理が好きな方

・茅ヶ崎でおいしいランチができるお店を探している方

は、ぜひ参考にしてみてください。

茅ヶ崎 ラチエン通り沿いにある 平日限定 のお店です

わたしの好物 外観

「わたしの好物」は、茅ヶ崎のラチエン通り沿いにあります。

古民家カフェのような外観で、どこか懐かしい雰囲気です。

営業しているのは平日限定、火曜〜金曜日の11:00〜15:00。

以前からずっと気になっていたのですが、平日限定ということでなかなかタイミングが合わず…やっと訪れることができました!

いつもあいているお店ではないところも、スペシャル感があって良いですね。

おひとりさまも、子連れママも、落ち着く空間

ガラガラっと引き戸を開けると、やさしい笑顔の店員さんがむかえてくれます。

古民家を改装したような雰囲気で、落ち着く空間が広がります。

昔は土間だったのでしょうか、入ってすぐのスペースにカウンター席とテーブル席が2つ。

小上がりになったスペースに、お座敷の席が2つありました。

カウンター席があるのでおひとりでも、お座敷の席には子連れのママも、どんなシーンでも利用できる、落ち着いた雰囲気の素敵なお店です。

「わたしの好物」のメニュー

わたしの好物 メニュー

ランチセットは3種類ありました。

水餃子セット

ルーロー飯セット

ジーロー飯セット

すべてのセットに、前菜・スープ・デザートがついています。

私は ルーロー飯のセットと、単品で水餃子を注文しました。

小菜(前菜)

まずは前菜である、野菜の小鉢から。

トマト、ほうれん草、タマネギと目にも色鮮やかな一皿が運ばれてきました。

どれもエスニックで絶妙な味付けです。

私は特に生姜の味がきいたトマトがお気に入りでした。

水餃子

次に単品で注文した水餃子。

1個から注文ができます。

皮はもちもちでつるっとしていて、中のお肉はくせがなく、あっという間に食べてしまいました。

一緒についてきた自家製のタレと一緒に食べると、しびれが効いていてとてもおいしいです。

シェントウジャン(豆乳のスープ)

続いてシェントウジャンという、豆乳のスープ。

台湾では定番の朝ご飯だそうです。

豆乳のやさしい味がヘルシーで、女性がとても好きな味!

上にのったパクチーも、とても良いアクセントでした。

ルーロー飯

そしてメインのルーロー飯。

卵やきが添えられています。

甘辛い味付けは、日本人が大好きな味!

そこにスパイスの香りをフワッと感じ、とてもおいしかったです。

トーファー(豆花)

デザートは、台湾の人気スイーツ トーファー(豆花)。

豆乳からつくられたヘルシーなスイーツで、日本でも人気ですよね!

やさしい甘みのシロップをたっぷりとすくって、一緒にいただきます。

ランチにデザートがついてくるのも、女性にはうれしいサービスです。

セットのトーファーは 一口サイズでしたが、「もっと食べたい!」という方には、プラス料金でサイズアップもできます。

果物がトッピングされたトーファーもあったので、トーファー好きな方はぜひお試しを。

前菜、スープ、メイン、デザートとコース料理のようにでてくるので、満足感がとても高いです。

そしてどのお料理もヘルシーなので、罪悪感なく食べることができます。

女性にとてもおすすめなランチです!

まとめ店舗情報

「わたしの好物」は、空間も、お料理の味も、とてもやさしい雰囲気のお店でした。

食べ終わったあとは大満足だけど、ヘルシーなので罪悪感がなく、女性におすすめのお店です。

もちろん台湾料理好きの男性陣にも!

おいしい台湾料理を湘南で食べたくなった際は、ぜひ「わたしの好物」を訪れてみてください。

わたしの好物 外観

店舗情報

わたしの好物

住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北5-11-6

アクセス:JR東海道本線・JR相模線「茅ヶ崎駅」から徒歩20分

TEL:070-8584-0321

営業時間:11:00-15:00(L.O 14:30)

営業日:火曜日〜金曜日

毎月の営業カレンダーが「わたしの好物」公式インスタグラムに出ているので、ご確認ください。

ABOUT ME
Mao
サーフィンで人生が変わった移住女子。
サーフィンをきっかけに、海のない県→湘南へ移住。

現在はサーフTripをしながら 最終移住地を探し、ワクワクする生き方を模索中!

2017年 海なし県でサーフィンをはじめる。その後 サーフィンにどハマりし、海の近くへの移住を考えはじめる。
2020年 湘南でのサーフィン移住生活をスタート。
2023年 『サーファー女子のサーフィン移住ガイド 湘南編』で Kindle作家デビュー

サーフィンをする人・これからサーフィンを始めたい人・湘南へあそびにくる人・サーフカルチャーが好きな人へ
参考になる情報発信をしています!
記事URLをコピーしました