Shonan Life
PR

【大磯】駅前なのに隠れ家?!茶屋町カフェでSDGsな おすすめランチ

Mao
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大磯ロングビーチや大磯迎賓館など、観光地として有名な「大磯」

サーフスポットとしても有名なので、サーファーの方も多く訪れます。

そんな大磯でおすすめの、SDGsな隠れ家ランチをご紹介します。

・大磯でランチできるおすすめのカフェが知りたい

・大磯に観光する予定がある

方は、ぜひ参考にしてみてください。

茶屋町カフェの場所

茶屋町カフェ 路地裏

茶屋町カフェは、大磯駅から徒歩5分の場所にあります。

駅前ですが、細い道を1本入った路地裏にあるので隠れ家的なお店です。

古民家を改築したお店なので、どこか懐かしいかんじがしてワクワクします。

茶屋町カフェのむかいには、本とアートのお店があります。

茶屋町カフェってどんなお店?

茶屋町カフェ 店内 古民家カフェ

茶屋町カフェのお食事は、大磯・湘南付近でとれた野菜や名産品が使われています。

店内の黒板に〝食材がどこで生産されたものなのか〟手書きで書かれていました。

その土地でとれたものを食べられるのは、とても嬉しいです。

そしてクラフトビール、日本酒、ワインなどのお酒も種類豊富にそろっていました。

お酒好きな方にも、楽しめるお店です。

お席は、1階のカウンター席・テーブル席・テラス席、2階にはお座敷の席があります。

おひとりさまから団体の方まで、その方にあった時間の過ごし方ができます。

茶屋町カフェのおすすめメニュー(SDGsな取り組みも)

茶屋町カフェ ランチ そうめん 大磯早ずし

私がおじゃましたのは、ちょうどお昼どき。

ランチメニューより【そうめん+大磯早ずし】を選びました。

この「大磯早ずし」が、とてもおすすめなのでご紹介します。

大磯早ずしとは…?

茶屋町カフェ 大磯早ずし

相模湾でとれた規格外の捨てられてしまうサバで、

押し寿司のように笹の葉でまいた 一口寿司のことです。

大磯のみかんからできたすし酢と、大磯産のお米も使用しています。

サバは小さくて市場に出せず捨てられていたもの

みかんも間引きのために捨てられていたもの

これらの捨てられていた地元食材が、早ずしとして生まれかわりました。

SDGsの取り組みとして「フードロスの削減」があります。

この大磯の早ずしをいただくことで、私たち消費者の “ えらぶ責任 ” にもなるのではないでしょうか。

大磯早ずしについては、こちらの記事をあわせてご覧ください。

新名物なるか「大磯早ずし」

セットになっているそうめんは、温かいもの・冷たいものから選ぶことができます。

この他にも、定食・チリコンカン・サラダなど多彩なメニューがあります。

デザートメニューも豊富にあるので、コーヒーと一緒に、カフェとしても利用できますね。

まとめ・店舗情報

茶屋町カフェ メニュー

茶屋町カフェは、古民家という落ち着く空間で 地モノを食べることができる、
すてきなお店です。

お食事処として、カフェとして、お酒をたのしむ場所として…

訪れる方によって、茶屋町カフェの楽しみ方は違います。

この記事を読んでくださったあなたも、
ぜひご自分らしい楽しみ方で茶屋町カフェに訪れてみてください。

店舗情報

茶屋町カフェ(茶屋町cafe)

住所:神奈川県中郡大磯町大磯1156-10

アクセス:JR東海道本線・JR相模線「大磯駅」から徒歩5分

TEL:090-3801-5455

営業時間:月〜水 11:00-18:30

               木・金 11:00-21:00

               土 11:00-22:00

               日 11:00-20:00

定休日:なし

ABOUT ME
Mao
サーフィンで人生が変わった移住女子。
サーフィンをきっかけに、海のない県→湘南へ移住。

現在はサーフTripをしながら 最終移住地を探し、ワクワクする生き方を模索中!

2017年 海なし県でサーフィンをはじめる。その後 サーフィンにどハマりし、海の近くへの移住を考えはじめる。
2020年 湘南でのサーフィン移住生活をスタート。
2023年 『サーファー女子のサーフィン移住ガイド 湘南編』で Kindle作家デビュー

サーフィンをする人・これからサーフィンを始めたい人・湘南へあそびにくる人・サーフカルチャーが好きな人へ
参考になる情報発信をしています!
記事URLをコピーしました